タイヤは全て同じメーカーでないと運転に支障があるって本当?

こんにちは。

滋賀県甲賀市の有限会社 カーテックウカイです。

車を走らせている際に、前輪の右側のタイヤがパンクしました。

修理に持っていったところ、新しいタイヤに交換しないといけないと言われ、もともと装着していたメーカーのタイヤがなく、違うメーカーのタイヤだった為に、全てのタイヤの交換をススメられました。

乗っていた車は軽のFF車なのですが、その時は、パンクした部分のみタイヤを新しく入れたのですが、乗り心地や運転に影響はありませんでした。

しかし、色々調べてみると、車屋さんや、世間一般の意見では、タイヤは全て同じメーカーであったほうがいいという意見です。

実際乗っていて全く支障がないのですが、残りのタイヤも交換した方がいいですか?と相談がありました。

世間一般では、タイヤは同じメーカーがいい!と言われているのは業界でも同じなのですが、今日は、そんな疑問にお答えしたいと思います。

タイヤ交換は1本だけ行うことはNGなのか?

一般的には、お客様もおっしゃっていたように4本まとめて交換するイメージは持っていると思います。

では、1本だけはどうなのでしょうか?

私の見解では、3本がまだ十分使用できて1本だけ交換する場合は問題ありません。

ただし、少し気をつけてほしいことはあります。

1本のみのタイヤ交換で気をつけることとは?

・装着していたタイヤの特性に合わせたタイヤにすること。

柔らかいタイヤや硬いタイヤ、グリップ力など、タイヤの持っている特性はそれぞれあります。

柔らかいタイヤを使っているのに、硬いタイヤを入れると違和感を感じることはあるでしょう。

また、元々使っていたタイヤの特性が著しくなくなってしまっている場合の利用環境であれば交換は1本だけではないほうがいいでしょう。

そうでなければ特に違和感も感じずに違うメーカーでも問題なく利用できます。

・前輪のタイヤを交換するときには注意が必要。

前輪に新しいタイヤをつける場合は操作性に問題が出てくるので、交換するタイヤが前輪タイヤだったら、後輪タイヤを前輪に付け、新しいタイヤは後輪に付けるようにしましょう。

・タイヤの溝は大丈夫かの確認をすること

タイヤの溝は雨の日などに影響が出ます。

極端に溝に差があったりする場合は雨の日や悪路などではバランスは悪くなってしまいます。

タイヤを交換した際にやっておいた方がいいこと

それは、タイヤの位置交換(タイヤローテーション)です。

タイヤは同じ位置のまま長期間使用していると、前輪と後輪で摩耗の進行具合が違ったり、偏った摩耗が怒ってしまう場合があります。

この摩耗を防ぐ為にタイヤローテーションを行う方がいいでしょう。

特に、今回ご相談されたお客様はFF車をご利用でしたので、FF車の場合は前輪の摩耗が激しくなります。

ですので、後輪との交換を行い、またローテーションの順番をお伝えしました。

位置交換については、グッドイヤーさんのサイトに詳しく説明があります。

フロントタイヤとリアタイヤを交換することが基本!

位置交換(ローテーション)時期の目安は、5,000km走行毎!

FF車のフロントタイヤは特に摩耗しやすいため、FF車はFR車より早めに行ないましょう!

同一サイズのスペアタイヤがある場合は、スペアタイヤも含めて5本で 位置交換(ローテーション)しましょう!

摩耗が出始めたら早めに位置交換(ローテーション)を行ないましょう!偏摩耗抑制に効果があります!(グッドイヤーさんのサイトより引用)

交換だけではなく定期的な検査も重要です

交換して、ローテーションで長く使うことももちろん大切なのですが、車のタイヤは私たちの命を預かる「足」でもあります。

その足をしっかり点検し、万全の状態にしておくことが、安心・安全なカーライフに繋がっていきます。

少しの疑問やご相談でも私たち「カーテックウカイ」にご相談ください。

お客様の疑問・質問にスタッフが親切、丁寧にお答えいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました